Sun and Moon Yoga

​インストラクター

リザ・ロウィッツ

リザロウィッツは2003年にSeva*のごとく、サンアンドムーンヨガを開きました。サンアンドムーンヨガの創設者でありディレクターです。リザはリストラティブヨガ、インヨガ、ヴィンヤサフロー、パートナーヨガ、チベットハートヨガ、チベタンボールサウンドヒーリング、コミュニティチャリティーヨガなどの様々なヨガのスタイルを日本に普及させることに貢献してきました。また慈愛の瞑想をいち早く日本に紹介し普及活動を行いました。可能な限りすべての人がヨガに触れる機会があるように願っています。そしてコミュニティを作りこの世界の役に立ちたいと願っています。

 

この20年間、リザは生徒に心を開いくことそして他社に奉仕ようにするよにと励ましてきました。何千人ものリストラティブヨガ講師を育成し、何百人ものヨガ講師のメンターとなっています。アカデミー賞受賞俳優、ジミー賞受賞のミューディシャン、王族、軍人、忍者、ニュースキャスター、有名なコメディアンそして多くの一般人にもヨガを伝えてきました。他にもグーグルジャパン、グランドハイアット東京、リッツカールトン東京、楽天、メルリンチ、プライスウォーターハウスジャパン、ゴールドマンサックス、イマジネーション、ビーコンコミュニケーションズKK、マインドシェア、ユニリーバジャパン、エフィシェンシー・キャピタル・アドバイザーズ、ネスレ、テンプル大学、在日アメリカ大使館、在日ドイツ大使館、ポラロイド、インターナショナルスクールKAIS/ASIJ/カナディアンスクールなどでヨガをシェアしてきました。人気のリトリートを日本、アメリカ、バリ、台湾、オーストラリア、ニュージーランドで開催してきました。

 

また、35年にわたり学び続けているチベット仏教にも情熱を持っています。2013年には7年に渡る大乗仏教の講座を修了しています。カリフォルニアバークレー大学のAwareness Training Institute and Greater Good Science center でジャックコーンフィールドとサラブラックによる2年間のマインドフルネスの講座も修了しています。

 

彼女のマインドフルの練習は書くことです。そしてヨガと書くことが人生を救って元気づけてくれるおかげで自分自身を発見し、愛、喜び、創造性とコミュニティを周りにも還元できています。ニューヨークタイムズ、ハフィントンホスト、ヨガジャーナル、ヨガジャーナルジャパン、ヨギーニ、ヨガインターナショナル、エレファントジャーナル、シャンバラサン、ワンダラスドットコム、アサナ、マインドフェストステーション、オリジン、マントラ、グロマンド、ジャパンタイムズなどに執筆しました。
これまでに20冊の本を出版。代表作は、ベストセラーとなった『Yoga Poems: Lines to Unfold By』(日本語訳:『ヨガ・ポエム LINES TO UNFOLD BY』、『Sacred Sanskrit Words』リーマ・ダッタと共著)、『Jet Black and the Ninja Wind』(桶谷省吾と共著)、『Up from the Sea』(3-11の災害からヒントを得たヤングアダルト向け小説)があります。

 

東京大学でライティングを教えていた経験があるほか、立教大学、サンフランシスコ州主催のインターナショナルブックフェスティバル(UAE)、ウブドのライターズ&リーダーズフェスティバル、バリスピリチュアルフェスティバル、香港リテラリーフェスティバル、ジャパンライタースカンファレンスなどに招かれる。数々の賞を受賞National Endowment for the Arts, National Endowment for the Humanities, The California Art Council, PEN, the Asian Pacific American Librarians Association, SCBWI, U.S. -Japan Friendship Commission.10代の息子と2匹の保護狼犬、を誇りに思っている母でもある。

*Sevaとはサンスクリット語で見返りを求めず誰かのスピリチュアルな成長とコミュニティの向上に貢献する行為

  • Facebook
  • RSS

エム・ベッティンジャー

The Laban Centre for Movement and Dance Middlesex University にてダンスを学んでいた時にヨガに出会う。人生で辛い経験をし、前向きな変化を求めていたときに再びヨガを始める。Sun & Moonの扉をくぐったときに、そこが自分のサンクチュアリ(聖域)であると確信したエムは、長い間自分を導いてくれているリザ・ロウイッツに心からの感謝と敬意を抱いている。

Centered Yoga Foundation で全米ヨガアライアンス500時間のトレーニングを修了。


Sun & Moon主催リストラティブ・ヨガ指導者養成コース及びヨガ指導者養成コース100時間卒業。デイビッド・スウェンソンのアシュタンガ・ヨガ指導者養成コース40時間修了。

自身の練習はアシュタンガ、ヴィンヤサフロー、ダンスを行っている。生徒が探求し、解放して、内面・外面共に変化していくことを楽しんでほしいと願っています。

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

石川初美

​(ハツミ)

長崎出身の初美は、福岡県で花屋に勤務した後、上京。2003年にアメリカ各地を数ヶ月間旅する。

長年のバレエレッスンで鍛えられた初美は、2005年にサンアンドムーンヨガに出会い、すぐにヨガの虜に!

 

2006年からスタジオマネジャーに携わり、ACO先生のヨガDVDにも出演。

またインド、マイソールを訪れ、パタビジョイス師とその孫のシャラス師からアシュタンガヨガを学ぶ。

毎日プラクティスを続け、現在は英会話の勉強にも励んでいる。

トンプソン浩美(キティ)

15年以上に渡り国内外でヨガの練習・指導を行なっており、ここ7年はボディワーク専門通訳者とし ても、著名な講師の指導者養成講座、ワークショップ通訳としても活躍中である。

【 資格 】


・RYT200 ( Association for Yoga and Meditation in India )
・Atma Jyoti Yoga in India 100時間講師養成講座終了
・サンアンドムーンヨガ認定解剖学講師養成講座終了
・バクティヨガ・ナダヨガ講師養成講座終了
・Omoluluマタニティヨガ講師養成講座終了
・ブリスベイビー産後・マタニティヨガ講師養成講座終了
・ヨガエドキッズヨガ講師養成講座終了

  • Instagram
  • RSS

福元久美子

​(クミコ)

オフィスワーカーとして働くクミコは、肩こりや頭痛、眼精疲労といったオフィスワーカー特有の症状や、様々なプレッシャーからのストレスフルな状況の中、ヨガがもたらす心身回復の素晴らしさに出会い、企業勤めを続けながらヨガ指導を開始する。

アイアンガーをベースとするアラインメントを重視した基本のポーズを中心に、より深く細かく体の感覚に意識を向けていき、ひとつのアーサナが次のアーサナへの準備となるようリンクするため、無理なくポーズが行え、状況に応じてプロップスを使用してクラスを展開。

【 資格 】


・スワミ・ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団/日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
・全米ヨガアライアンス200時間トレーニング公認ヨガ講師
・サンアンドムーン主催リザロウィッツによるリストラティブヨガ指導者養成コース修了
・UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOLにてリストラティブヨガTT レベル2修了
・上級アイアンガーヨガ指導員Lisa WalfordによるInjury management ティーチャートレーニング修了

  • Instagram

​香取聖美

​(キヨミ)

普段システムエンジニアとして働き、長時間の座り仕事からくる慢性的な肩凝りと時々襲ってくる腰痛に悩まされていたころ、もともと興味を持っていた気功や目に見えないエネルギーの世界に癒しを求めて2002年より太極拳を習い始める。2009年には本格的にヨガの練習も始める。同時にアーユルヴェーダの叡智に出会い、「これだ!」と思い学び始め、アーユルヴェーダヨガインストラクターとライフスタイルコンサルタントの資格を取得。

レイキのプラクティショナーでもある。2012年1月、マイルズ先生よりレイキ・レベル1の伝授を受け、同年中にレベル2及びレベル3を修了し「Master Student」となる。自宅で他の人達にもレイキのヒーリングを行う機会を得つつ練習を続け、2014年10月に、Reiki 1000-day Practiceを迎えた。2017年より伝授も始め、現在も毎日レイキを実践中。

これまで習ってきた事や、先生方が自分にしてきてくれたように、生徒の皆さんが自分の道を見つけられるようサポートすることを楽しみにしています。

20200314SMDSC00192_edited.jpg

師岡珠実

​(たま)

大手電気メーカーへ就職して間もなく、20代の初めに慢性の病気である事が分かり、入退院や治療が長引くに連れ、生活の制限によるストレスでメンタル不調に陥る。持病は落ち着いたが、摂食障害とうつ状態が続き会社勤めも難しい状況に…その様な状態の中でヨガと出会う。

ヨガをする事によって得られる、爽快感や気分が大らかになって安らぐ感覚に魅せられ「もっとヨガを深めたい!」と思い、自分に合うヨガを探してヨガスタジオを渡り歩き、様々な種類のヨガを体験。ハワイのマウイ島やバリ島のウブド、インドのリシケシ(ヨガの聖地)と自分のヨガを求める旅は続き…いつしか「自分のヨガは自分の中にある」と言う事に気が付く。

​誰かと比較する必要もない、ただ自分の身体と向き合い、身体からの声に耳を傾ける、自分のためのヨガ。あなたの中にある、「自分だけのヨガ」を見つけるお手伝いができたら嬉しいです。

【資格】
・日本ヨーガ瞑想協会ヨーガ指導者トレーニング(綿本彰)
・サンアンドムーン主催リザロウィッツによるリストラティブヨガ指導者養成コース修了
・リストラティブヨガセラピューティクス指導者トレーニング(ティアン・アラン)修了

・マインドフルネス瞑想指導者養成コース(吉田昌生)修了

横田ゆき

​(ユキ)

2004年からサンアンドムーンその他のヨガスタジオにてヨガを始める。
そのころ世界最大クラスのコンピュータ製品サービス企業IBMで働き、過労とストレスが原因の症状に次々と病気を発症し苦しんでいた。

ヴィーナスヨガの創始者、セーラ・シヴァニと出会い、これがゆきのヨガ観を変える大切な出会いとなる。それまで、多くのアーサナができるようになることばかりに固執していた考え方は少しずつ変わり、 孤独を抱えがちな現代を生きる女性にとって、繋がることがいかに必要で、癒しとなることを学びました。

 

ヴィーナスヨガのインストラクターでもあるゆきはシヴァニの教えを受けに度々オーストラリアを訪れており、 日本でシヴァニがワークショップを開催するときはアシスタントを務め、また沖縄VenusYoga TTCのオーガーナイザーを務める。 現在は、都内のヨガスタジオでヨガを指導するかたわら、小さな子供を持つママへのヨガを、横浜にて開催している。

  • Instagram
  • RSS

松元頼子

​(ヨリコ)

2005年にロータス8にてアシュタンガヨガの指導者としてヨガ指導のキャリアをスタート。その後、数々のヨガイベント、ワークショップ、レギュラークラスを企画、主宰している。現在は地元の成田にてヨガ教室を開催。


ヨリコは長くケン・ハラクマ先生の元でアシュタンガヨガを、筑波大学の高橋玄朴先生のもと禅の瞑想を、また尼僧でセラピストでもある中島ゆきえ先生の元で仏教と心理学を学んでいる。

ヨリコはサンアンドムーンヨガのリザ・ロウィッツと学ぶリストラティブヨガ指導者養成コースを修了。重度の鬱症状をヨガで克服したヨリコの歩んだ道を、自身の生徒に伝えることをリザに勧められ、筑波大学や一橋大学にてゲストスピーカーとして講演を行った。

​ヨリコは正確で心のこもった通訳でも知られており、サンアンドムーンでも通訳として活躍している。

Sun & Moon Yoga ニュースレター購読お申し込み

©2020 Sun and Moon Yoga. All Rights Reserved.

Yoga images provided by Akiko Tanimoto.

Design by Quill Shift LLC.